建設建築業界で大人気-左官職人のなり方と求人の探し方

  1. 職人WORK(ワーク)|建築・建設業の職人求人サイト!トップ
  2. ブログ一覧
  3. 建設建築業界で大人気-左官職人のなり方と求人の探し方

建設建築業界で大人気-左官職人のなり方と求人の探し方

建設業界、建築業界で必要な職人といえば左官工です。
左官というのは建物の壁や床を作り上げる職人のことで
建物を建てる際には必要な職人です。
左官はコテを使用してセメントや漆喰などを
塗り上げるのが主な仕事になります。
左官工は独立して親方になることもできるので
将来性があり、長期的にできる仕事です。

不足する左官職人

これまで左官といえば土壁や漆喰などを塗り上げるのが仕事でしたが
建売住宅によっては
洋風建築のものでもモルタルを塗り上げる家が増えています。
プロバンス風の家など波打った壁を作り上げるのに左官工は
必要不可欠な人材です。壁だけでなく
駐車場や玄関、門扉などでも左官工が活躍することが多く
今後人材不足が叫ばれている分野でもあります。
バリアフリーの住宅を建設する際には
玄関などにスロープを設置しますが
スロープの傾斜を塗る技術で作り上げるのも左官工の仕事です。

他にもタイル張りの壁を作る際にはタイル職人と
呼ばれる人もいるのですが
左官工もタイルを貼る際のセメントを塗る仕事を受け持つことが多いです。
大規模な高層マンションの建設現場から
戸建住宅の建築まで、左官工の守備範囲は非常に広く
活躍の場も多いと言えるでしょう。

左官としての経験を積む

左官工として働くにはやはり経験が求められます。
将来左官の親方としてデビューしたいと考えているのであれば
まずは工務店などで現役の左官職人と一緒に働くことができます。
実際に親方の仕事ぶりを見ながら
左官に関する技術を身に着けていきます。
左官の技術は一生モノで
それこそ定年のない仕事ができるという魅力があります。

この場合、仕事を探すのに左官工の求人を
チェックすることになると思いますが
見習い募集といった求人をリサーチしてみるのが良いでしょう。
すでに左官工として働いてきた経験があるのであれば
左官工募集の求人に応募することも可能です。
具体的には工務店や建設業者の募集をチェックすると良いでしょう。

左官の資格を取得する

他にも左官技能士の資格を取得するという選択肢もあります。
この資格を身につけるためには、職業訓練校に通う必要がありますが
国から学費の補助が出るなどの優遇措置があるので
活用してみるのも良いかもしれません。
左官工になれば、自宅の駐車場や玄関、スロープづくりなど
いろいろな場所で資格を生かして自分でリフォームすることもできます。
ちょっとした気晴らしにもなるかもしれません。